お偉方への技術的説明、どこまでするべきか

エンジニアが役員会に呼ばれたら・・・

「週刊東洋経済」でも、IoT特集をやっていましたね。まさに今、注目の技術です。ぼへちゃんたちも、今話題のIoTを使った新しいプロジェクトを企画して提案したようです。

そうすると、「次の本部長会議でIoTとビックデータを連動させる例のプロジェクトの承認をとるから技術的なバックグラウンドを説明するようにお達しがあったんだけど……」というお話がきました。

さすがに今注目の技術を使うプロジェクトだけあって、経営陣からの視線は熱いようです。しかし、技術的な説明とは?どのようなことを説明をすればいいのかがわかりません。

そして臨んだ、本部長会議。まずは、今回のプロジェクトのシステムの構成と、データの流れや解析の方法など基本設計から説明を始めました。初歩的なことから説明をすれば、「そんな説明はいらないから早く本題を話すように」と怒られると思ったからです。

ところが、ちょっとその場の空気がおかしいようです。「何を説明しているのか、よくわからない」というオーラが漂っています。どうやら、お偉いさんは技術的なことを知りたかったわけではなく、よく耳にする流行り言葉が出てきたので、その言葉の意味について説明せよ、と言っただけのようです。

時すでに遅し。さて、ぼへちゃん、このまま説明を続けて大丈夫でしょうか。新しいプロジェクトは無事承認されるでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。