もっとも稼げるプログラミング言語は何か Python? JavaScript? それともC言語?

✎ 1〜 ✎ 99 ✎ 100 ✎ 101 ✎ 最新
拡大
縮小

今、プログラミングを学び始める人が増えてきています。プログラミングとは縁遠かった文系の学生の中にも勉強し始める人が増え、子供にやらせたい習い事でも上位にランクインし始めました。英語と並ぶ必須スキルとして広く認知されつつあります。

ただ、人の話す言葉にも日本語や英語など色々あるのと同様、プログラミング言語にもいろんな種類があります。それぞれ、得意・不得意があるのですが、どの言語学べば良いのでしょうか?

その判断基準の一つとして使えそうなのが、今回の特集に載っていたのが各言語のプログラマーの平均年収です。プログラミング言語によって、475万円から651万円まで幅があるのです。ちなみにもっとも年収が高いのはPythonだそうです。言語の特性に着目しがちなエンジニアの視点とはまったく違う観点でおもしろかったです。

で、ぼへちゃんの同僚に使っているプログラミング言語を聞いてみると「おれ、Python」「僕はC#だね」「私はJavaScriptです」「僕はC言語です」と、みんな完全にバラバラ。それで、年収は「みんなそんなに変わらないかも……。言語と言うより幅広いスキルの高さだったり総合力で変わっているかも……」との答え。まあ、確かにそうですよね。

今のシステムは、一つの言語で開発すること自体が稀です。各言語の得意とする部分を生かして、複数の言語で開発するのが一般的。なので、システム会社のエンジニアは大抵複数の言語ができるのです。

特集の記事にも書かれているように、一つの言語を習得すれば、他の言語の勉強はそれほど難しくありません。大切なのは、コンピュータでプログラムを動かす仕組みを学ぶこと。それはどの言語でプログラミングしたとしても変わりません。

まずはどれでも良いので一つ選んで勉強すれば、プログラムが動く仕組みが理解できます。それさえわかれば、どんな言語でもすぐに習得できますよ。

ぼへぼへ 某エンジニア

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

Bohebohe

とあるWeb企業で働くインフラエンジニア。販売、営業、OLなどを経て、エンジニアに転向。SIerからエンジニア人生を始めて、現在はWeb系で働く。ベテランかと思いきや、ぼへぼへとしてたら年数経ってただけの中の人。だんな君もエンジニア。

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT