発注あるある!「普通に作っておいて」のワナ

これを受けてしまうと、開発は終わりません

ぼへちゃん、お客さんにシステムの仕様を確認していますね。顧客先に納品するシステムの開発では、お客さんのシステム担当者から、どんな仕様にするかを聞き出して開発をしていくことになります。

ですが、お客さんも他の業務で忙しい様子です。ぼへちゃん、データ検索部分の仕様について確認したかったようなのですが、お客さんに「とりあえず普通に検索できるようにしておいて。じゃ、次の仕事あるんで、よろしく!」でお終い。具体的な話が何もできませんでした。

自社に戻って、メールで詳細な仕様を聞き出そうとしたのですが、返事が返ってきません。「普通に検索」と言われても、何がお客さんにとっての「普通」なのかがさっぱり分からないのですが……仕方がないので、検索キーワードを入力するテキストボックスと検索ボタンを表示した画面を作ってお客さんに見せたのですが。

「これ、カテゴリ検索とか値段別の絞り込みとかできないの?あと日付で並び替え機能とか付けて欲しかったんだけど」

う~ん、こういうことを聞きたくて先日打ち合わせの場を設けたのですが――。こういうところが、システム開発の難しいところです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT