発注あるある!「普通に作っておいて」のワナ

これを受けてしまうと、開発は終わりません

ぼへちゃん、お客さんにシステムの仕様を確認していますね。顧客先に納品するシステムの開発では、お客さんのシステム担当者から、どんな仕様にするかを聞き出して開発をしていくことになります。

ですが、お客さんも他の業務で忙しい様子です。ぼへちゃん、データ検索部分の仕様について確認したかったようなのですが、お客さんに「とりあえず普通に検索できるようにしておいて。じゃ、次の仕事あるんで、よろしく!」でお終い。具体的な話が何もできませんでした。

自社に戻って、メールで詳細な仕様を聞き出そうとしたのですが、返事が返ってきません。「普通に検索」と言われても、何がお客さんにとっての「普通」なのかがさっぱり分からないのですが……仕方がないので、検索キーワードを入力するテキストボックスと検索ボタンを表示した画面を作ってお客さんに見せたのですが。

「これ、カテゴリ検索とか値段別の絞り込みとかできないの?あと日付で並び替え機能とか付けて欲しかったんだけど」

う~ん、こういうことを聞きたくて先日打ち合わせの場を設けたのですが――。こういうところが、システム開発の難しいところです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。