IT人材、不足しているのは「若手」だった

ベテランにもチャンスが欲しいのに!

ぼへちゃん、今日はカフェでプログラミングのお勉強のようです。普段から勉強熱心。このような日々の勉強が質の高い仕事に繋がります。

その横で、なにやら話し声が聞こえます。どうもエンジニアを探している人のようです。新しくWebシステムを開発してくれる人を募集しているようですね。

プログラミング言語にはPHP、データベースにはMySQL、HTML5とJavaScriptを使ったUIの実装など、今時のWebシステムの標準的なスキルセットを持つ人を求めているようです。

それも1年ぐらいの経験者。それほど深い知識を求めてはいない様子。これらはぼへちゃんの得意分野。長年このような技術を使ったWebシステムを担当してきました。

「できるできる! 隣に全部できる人がいるよ!」と思ったのもつかの間、その人の一言にガックリ。

「とりあえず若い人で」。どうも若手でないと採用する気がないようです。

経験豊富なベテランエンジニアの方が品質も高く、短期間で実装できるのですが、そういうエンジニアは、得てして単価が高い。そのせいか、この業界、それほど複雑なシステム開発でもなければ、若手のエンジニアに仕事が行きがち。ベテランにも仕事のチャンスが欲しい今日この頃です。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT