IT人材、不足しているのは「若手」だった

ベテランにもチャンスが欲しいのに!

ぼへちゃん、今日はカフェでプログラミングのお勉強のようです。普段から勉強熱心。このような日々の勉強が質の高い仕事に繋がります。

その横で、なにやら話し声が聞こえます。どうもエンジニアを探している人のようです。新しくWebシステムを開発してくれる人を募集しているようですね。

プログラミング言語にはPHP、データベースにはMySQL、HTML5とJavaScriptを使ったUIの実装など、今時のWebシステムの標準的なスキルセットを持つ人を求めているようです。

それも1年ぐらいの経験者。それほど深い知識を求めてはいない様子。これらはぼへちゃんの得意分野。長年このような技術を使ったWebシステムを担当してきました。

「できるできる! 隣に全部できる人がいるよ!」と思ったのもつかの間、その人の一言にガックリ。

「とりあえず若い人で」。どうも若手でないと採用する気がないようです。

経験豊富なベテランエンジニアの方が品質も高く、短期間で実装できるのですが、そういうエンジニアは、得てして単価が高い。そのせいか、この業界、それほど複雑なシステム開発でもなければ、若手のエンジニアに仕事が行きがち。ベテランにも仕事のチャンスが欲しい今日この頃です。

人気記事
トピックボードAD
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。