エンジニアの家計は「PCエンゲル係数」が高い

商売道具とはいえ、かなりの支出に

だんな君、新しいパソコンを買ったようです。先日発売されたばかりのSurface Book。大変高スペックなパソコンで、発売前から狙っいてたようですね。

エンジニアの人達は、かなり高性能なパソコンを選びます。それは、プログラミングの環境構築に必要だからです。

単にプログラムを書くだけでなく、Webサーバーやデータベースをこのパソコン上に動かさなくてはなりません。Webのデザインの仕事もあわせて引き受ける場合なら、PhotoshopやIllustratorなどのツールもインストールしなくてはなりませんし、Eclipseのような統合開発環境をインストールする人もいるでしょう。

人によってはサーバー環境を仮想マシン上に構築する人もいます。こうなると、大量のメモリやディスクは必要不可欠。ディスクアクセスの高速化のためにSSD搭載モデルを選ぶ人も少なくありません。

CPUだって高速なものが欲しくなってきます。ですが当然、その分パソコンの値段は高くなってしまいます。

さて、実はぼへちゃんも、先日新しいMacBookを買ったようです。ぼへちゃんもエンジニア。購入したのは、当然最高スペックのもの。最高スペックのマシンが2台。その出費、ウン十万円。快適なプログラミング環境を手に入れるためとはいえ、この支出はかなり痛い。

家計に占める飲食費の比率は「エンゲル係数」。一般にそのパーセンテージが高いほど生活水準が低いというのが「エンゲルの法則」です。それに対し、エンジニアの家庭ではマシン関連の支出が生活を圧迫していることは間違いありません。

「明日からふりかけご飯かな.....」

ぼへ家、しばらく飲食費を削る生活になりそうです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT