美辞麗句が並んだ「ヘッドハント」には要注意

突然やってくる電話には慌てずに対応しよう

年度末のこの時期、来年4月からの新年度に向けた人材獲得に向けてヘッドハンティング会社の動きが活発になるようです。

IT業界は他業種と比べると転職の多い業界といえます。しかも本場アメリカの日本法人が良いエンジニアの獲得に積極的です。そのため、外国人ヘッドハンターを多数抱える転職エージェントも存在します。

さて、ぼへちゃんに電話をかけてきたのは、そんな外国人ヘッドハンターのようです。英語です。ぼへちゃんの名前もまともに発音できないようなので、日本語での会話は期待できません。

ヘッドハンターのまくし立てる英語を良く聞いてみると、美辞麗句が並んでいます。

「あなたのプロフィールは素晴らしい」

「世界的なITコンサルティング企業の求人があります。給与も福利厚生も最高水準です。大きなキャリアアップのチャンスです」

良いことずくめの企業からの求人情報のようですが、世の中にそんなうまい話があるはずはないのです。

外資系コンサルティング会社といえば、「アップ・オア・アウト(上のポジションに行くか、それとも会社を去るか)」の厳しい世界。会社の求める高い成果を達成し続ければ確かに高待遇なんでしょうけど、そうでなければ数年で解雇されてしまう厳しい業界です。

要求される成果も年々高いものになるでしょうし、それを達成するには多大な時間と努力が必要。ワークライフバランスが保てない環境では、ぼへちゃんは付いていけません。美辞麗句で飾り立てられた求人情報には気をつけたほうがいいですよ!

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT