システムエンジニアの受験勉強は終わらない

社会人になっても「資格試験」が次々と!

みなさんが学生だった頃、受験勉強に追われて忙しい毎日を過ごされた方もいますよね? 私立中学の受験のため、小学生の頃から進学塾に通われていた人もいらっしゃるでしょうし、高校受験、大学受験のために、日夜受験勉強に励んだ学生時代を過ごした人もたくさんいると思います。

大学受験が終われば一段落つくのですが、その入学から数年後には就職活動のため、入社試験を受けなくてはなりません。人気企業の倍率は大変高く、内定を取るのは至難の業。履歴書に書く内容に頭を悩ませたり、面接のための準備をしたりと、なかなか大変です。

そんな試験だらけの学生時代を終えて、晴れて社会人になり、ようやく試験とはおさらばできると思いきや、そうではない職種もあります。

「新人さんはまず基本情報技術者の資格を取るように!」――。そうなんです。IT業界には資格試験があるのです。それも1つや2つではありません。基本情報技術者試験に応用情報技術者試験、ネットワークスペシャリスト試験にデータベーススペシャリスト試験、情報セキュリティスペシャリスト試験にプロジェクトマネージャ試験などなど。

それだけではありません。マイクロソフトの資格試験やOracleの資格試験など、主要ベンダーが自社製品の知識を問う試験がたくさん。

全部の試験に合格する必要はありませんが、自社のエンジニア達のスキル向上の一助となるものとして、いくつかの資格を取ることを推奨しているIT企業は多々あります。

社会人になったとはいえ、エンジニアの世界では試験と無縁というわけにはいかないようです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。