エンジニアが持ち歩く「巨大カバン」の中身

女子も、おしゃれなカバンとは無縁です

女性向けファション誌などでよくある「あなたのカバン見せてください」というコーナー。みなさん、仕事に必要な道具やメイク用品などをコンパクトに、かつ取り出しやすく収納していますよね。

システムエンジニアの場合も、あんなふうにおしゃれにコンパクトに機能的に仕事道具を収納したいのですが、これがなかなか難しい。商売道具であるノートパソコンが結構かさばるからです。

特にプログラマーの間では、開発作業がはかどるという理由で、画面が大きいノートパソコンが大人気です。

さて、ぼへちゃんも新しく15インチのMacBookを買ったようです。これを持ち運べるカバンが欲しいなぁ、と思っていたところに、一緒に働いている仲間が次のようにアドバイス。

「僕のカバンだったら入るよ」

同じサイズのMacBookを使っている人のカバンには興味があるので中身を見せてもらいました。いったい、何が入っているのでしょうか。

「まずMacBook。カバンの中にちゃんと収める場所があるでしょ? それからiPad Proもここに入っているよ。これも画面が大きいのに、ここにきれいに収まる。それと、ポータブルディスプレイ。これもこんなふうに何とか入るでしょ? それから予備のバッテリー。ちょっと重いんだけどこれがないと安心できないよね。え~っとそれから……」

ちょっと待って~普段からそんなにたくさんのもの持ち歩いているんですか! いくらなんでもそれは重すぎです。毎日持ち運ぶなんてとても無理です。

とはいえ、やっぱりゴツイかばんを選ばなければなりません。ファッション誌に出てくるようなおしゃれカバンからは縁遠い生活が続きそうです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。