25歳マーケ女子がプログラミングを学ぶ真意

もはや共通言語、知らないではすまされない

シャープが構える白物家電工場の周囲に、多くの町工場がひしめきあう大阪・八尾市。路地を歩いているとほのかにせっけんの香りがしてきた。創業90年、従業員30人の老舗せっけんメーカー、木村石鹸工業である。

外資系大手から町工場に転じた峰松加奈さん(撮影:梅谷 秀司)

昨年8月にここへ転職してきた峰松加奈さんは、弱冠25歳にして新商品の戦略企画やPR、ネット広告、ブログの運営まで、マーケティング活動を1人で手掛ける。そんな峰松さんが常日頃から感じてきたことがある。

「マーケティングを仕事にする人こそ、プログラミングを学ぶべき」

峰松さんの前職は、外資系消費財大手のユニリーバ・ジャパン。新卒で入社してから2年の間、主力ブランドのマーケティング担当を務めた。中でも苦労したのが、ウェブサイトの制作だった。

エンジニアとの共通言語を学ぶ必要があった

社外の制作会社に依頼し、エンジニアに指示を出す場面も多かったが、こちらの意図がうまく伝わらない。出てきた成果物に満足がいかないことも多かったという。「感覚で指示を出すしかなく、無駄なやりとりが多かった」という峰松さん。エンジニアとの共通言語として、プログラミングを学ぶ必要性を痛感した。

週刊東洋経済5月21日号(5月16日発売)は、『今すぐ始めるプログラミング』を特集。ITが生活のあらゆるところに溶け込んだ今、その裏側にあるプログラミングをもはや「知らない」ではすまされない。

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

峰松さんがプログラミングを学ぼうという考えに至ったのは、大学時代に友人が立ち上げたベンチャー企業に、手伝いで参加していたことも影響している。同い年や年下の学生たちが、プログラミング言語を駆使して自分でウェブサービスを作るさまを目の当たりにし、「人よりも新しいテクノロジーに興味を持つようになった」。

ユニリーバで2年が経ち、マーケティングとして一通りの経験ができたと考えた峰松さんは、以前から抱いていた「小さい組織で働きたい」という思いを強める。ひょんなことから木村石鹸のことを知り、大阪には縁もゆかりもなかったが、自社ブランドの立ち上げにかかわれることを魅力に感じて転職を決めた。

次ページ峰松さんはプログラミングをどう学んだ?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。