りそな株が大商い!でも売らずにガマン

苦節2年、ついに買値を上回り「粘り勝ち」

買いは2009年3月31日に185円で1000株と2010年12月22日に155円で1000株。平均買値170円からすると71%の上昇。終値もストップ高買い気配で引け、5万7000株の買い注文を残した。値上がり率は37.91%と東証1部値上がり率、第1位。日経平均は、65円高の1万2349円と8日続伸。

【3月12日(火)】13時11分、三井住友銀行子会社でソフト開発のさくらケーシーエス(4761)を、595円で800株買う。2005年10月に平均買値670円で1100株保有中だった。苦節7年5カ月ぶりのナンピン買い。こんなに長期間あいだを開けてナンピン買いしたのは、おそらく初めてだ。

最初買った時の理由は、住友銀行と一緒になる前にシステム変更の特需があるだろうと思って買ったのだが、株価が反応せず、そのまま塩漬けになっていた。無借金で財務内容もよく、割安だったので、長期保有となったが、この大相場でも株価が無反応なので、このところ利益確定ばかりでキャッシュの割合も増えてきたので、買ってみた。日経平均は、34円安の1万2314円と9日ぶり反落。

【3月13日(水)】一昨日、ストップ高の291円で売ったリソルが、42円安(14.43%)の249円と大幅下落で、値下がり率は第3位。売っていてよかった。

1日信用取引口座を開設

【3月14日(木)】松井証券で1日信用取引口座を開設した。理由は、滅多にやらないデイトレをするためだ。約定代金300万円以上であれば、手数料無料だそうだ。詳しいことはよくわからないが、今日の大引けで、日本たばこ産業(JT)(2914)に国保有の持ち分を売り出し流動性が増したことによって、まとまった買いが入るからだ。これは大引け直前で、超短期デイトレのチャンスと思った。

14時30分、3130円で1000株買い注文を出したが、3135円の売りと3130円の買いで行ったり来たりするものの、板が厚くなかなか約定しない。14時45分、動意づき値動きが活発になり、株価は3170円まで上昇してしまい、指値を上げようかとも思ったが、変更しなかった。理由は、このことは一昨日テレビで報道され、昨日、215円高の3205円とすでに大きく上昇してしまっているから。14時50分ごろから下げ始めて、3140円まで下がってきたが、もう時間がないので、買い注文を取り消した。

次ページ結局デビューはお預けに
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT