円安の流れ一服、4月相場は不穏な雰囲気?

いったん高値をつけたと見て、保有銘柄を減らす

割安株をじっくり仕込み、上昇相場では冷静に利益を確定するなど、さすがの投資戦略をとるカリスマ投資家・内田衛氏。さて、今回の相場は3月の最終週までの記録を「公開」。カリスマ投資家は新年度相場にどう備えたのか。

復配期待の兼松が無配を発表、残念至極

【3月18日(月)】キプロス問題で、日経平均株価は340円安の1万2220円と今年最大の下げ幅。キプロスの銀行預金者10万ユーロ超で9.9%、10万ユーロ以下で6.75%を徴収されるそうだ。金利がつくどころかマイナス金利とは。預金管理料か、今は無料のところも多いが、証券会社の株式管理料のようなイメージかな。キプロスでは、金庫が売れるようになるかも。16時半、商社の兼松(8020)が期末配当を未定から無配と発表した。今期は復配するのではないかと予想していたが、明日は暴落かな。2011年12月26日に73円で5万株買い、2012年4月3日に108円で売却している。本日終値144円の2円安。

【3月19日(火)】三菱電機系技術商社で大証2部のたけびし(7510)を立会外分売の512円で100株買う。9時04分、550円で売り3800円の利益確定。
【3月21日(木)】たけびしが9時16分、610円の66円高と大幅高で寄りついた。9時32分、615円で1000株信用売り。終値628円の84円高。特に買い材料が出た様子はないが、いやな感じ。携帯電話組み込みソフトのセック(3741)を2968円で100株買う。優待目的保有の武蔵野興業(9635)を195円で2000株売り、4万6000円の利益確定。買いは172円で。日銀黒田総裁就任会見、「2%の物価安定目標を早期に実現」。日経平均は167円高の1万2635円と4年半ぶりに1万2600円台を回復。

次ページいわゆる「甘利越え」はならなかったが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT