住友不動産カラ売り失敗、90万円の損失に

異次元の金融緩和に逆らい、高い授業料を払うハメに

東京はすでに桜が散ってしまったが、黒田日銀の異次元緩和でホクホクの個人投資家も少なくない。4月3~4日には日銀決定会合があったが、4月の前半、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのか。

新年度早々、住友不動産の信用取引で「戦果」

【4月1日(月)】今日から名実ともに新年度入り。9時10分、信用売りしていた東京テアトル(9633)を190円で2万株返済買いし、29万9308円の利益確定。信用売りは、3月27日に200円と210円で各1万株ずつ。東京テアトルは、もう10年以上売買しているが、買いでも売りでも取り、とても相性がいい銘柄だ。本日終値、182円の13円安。

この連載の一覧はコチラ

14時26分、信用売りしていた住友不動産(8830)を3500円で3000株返済買いをし、29万9351円の利益確定。信用売りは、3月29日に3600円で3000株。住友不動産は、前回の売買記録を見ると6年ぶりの売買で、2007年4月2日に4360円で2000株信用売りし、同年4月19日に4500円で2000株信用売りし、どちらも利益確定していた。

どうやら信用売りしたくなる銘柄のようだ。日銀短観は3期ぶりに改善と報道されるが、日経平均は262円安の1万2135円と大幅安。TOPIXは、34ポイント下げで1000ポイントギリギリと、下げがきつい。

次ページいよいよ黒田日銀最初の金融決定会合が待ち受ける
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT