住友不動産カラ売り失敗、90万円の損失に

異次元の金融緩和に逆らい、高い授業料を払うハメに

東京はすでに桜が散ってしまったが、黒田日銀の異次元緩和でホクホクの個人投資家も少なくない。4月3~4日には日銀決定会合があったが、4月の前半、カリスマ投資家の内田衛氏はどんな取引をしていたのか。

新年度早々、住友不動産の信用取引で「戦果」

【4月1日(月)】今日から名実ともに新年度入り。9時10分、信用売りしていた東京テアトル(9633)を190円で2万株返済買いし、29万9308円の利益確定。信用売りは、3月27日に200円と210円で各1万株ずつ。東京テアトルは、もう10年以上売買しているが、買いでも売りでも取り、とても相性がいい銘柄だ。本日終値、182円の13円安。

この連載の一覧はコチラ

14時26分、信用売りしていた住友不動産(8830)を3500円で3000株返済買いをし、29万9351円の利益確定。信用売りは、3月29日に3600円で3000株。住友不動産は、前回の売買記録を見ると6年ぶりの売買で、2007年4月2日に4360円で2000株信用売りし、同年4月19日に4500円で2000株信用売りし、どちらも利益確定していた。

どうやら信用売りしたくなる銘柄のようだ。日銀短観は3期ぶりに改善と報道されるが、日経平均は262円安の1万2135円と大幅安。TOPIXは、34ポイント下げで1000ポイントギリギリと、下げがきつい。

次ページいよいよ黒田日銀最初の金融決定会合が待ち受ける
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT