日経平均は4月に1万3000円台めざす

調整があっても、下値は1万1000円程度か

昨年11月の野田佳彦前首相の衆院解散表明を機に始まった円安・株高。日経平均株価の上昇率はすでに4割を超えましたが、日本株にはなお上値余地があると見る市場関係者が多くいます。DZHフィナンシャルリサーチの東野幸利・日本株情報部マネージャーも「4月には1万3000円台に乗せてもおかしくない」と予測しています。

景気刺激策と超金融緩和のセットは過去30年で2回のみ

その理由は、公共投資を柱にした景気刺激策と超金融緩和政策です。実は両条件がそろったのは過去30年間で、1980年代後半の平成バブル時と、2005年の郵政解散を経た小泉純一郎元首相による構造改革時しかありません。

確かに実体経済はまだ不安定です。足元で最高値の更新が続く米国NYダウも、ヘッジファンドが解約期間に入る5月は例年、調整入りすることが多く、今年もNYダウの変調を機に、日経平均は調整を強いられると指摘する声は根強くあります。

次ページもし調整したら下値は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT