日経平均は4月に1万3000円台めざす

調整があっても、下値は1万1000円程度か

14年に向けて日経平均は1万4500円を目指す

ただ、東野マネージャーは「たとえ調整しても、日経平均は1万1000円を割り込む程度ではないか。今はリーマンショック後の安値である2008年10月安値6994円を起点に、二段目の上昇相場に入っている。調整後は2010年4月高値1万1408円から、11年11月安値8135円までの下げ幅の倍返しに当たる1万4500円前後を、来年に向けて目指す展開に入る」と見通しています。

景気刺激策と超金融緩和政策が効いている間に、成長戦略を実現させることで、実体経済を改善させられるでしょうか。「アベノミクス相場はまだ始まったばかり」です。それは文字通り、相場が始まったばかりということに加え、政策が成功するかわからないという危うさも意味しています。株式市場は、当面は金融相場の色彩を強めながら、業績相場への移行を模索する展開が続きそうです。

個別株を見ると、「もう上昇してしまった」、そう感じる銘柄も少なくないかもしれませんが、金融相場では、注目される相場テーマや業種が集中して買い上げられる特徴を持っています。まだ本格上昇局面に入ったばかりの銘柄が、多く残されています。

3月15日(金)に発売した『会社四季報プロ500春号』は、国土強靱化、金融緩和、円安などアベノミクスの政策の柱や、バイオ、シェール革命など、今、市場が拡大しつつある話題の相場テーマと、注目を集め始めている来期業績予想をもとに、500銘柄を厳選しました。是非、銘柄選びにご活用いただき、日本株の反騰を先取りして下さい。

『会社四季報プロ500編集長 岡本 享)

(撮影:尾形 文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT