まだまだ株価上昇が続きそう

押し目買いに押し目なし?

2月は経験則から、やや軟調な展開になるかもと、警戒をしていたカリスマ投資家の内田衛氏。結果として心配は杞憂に終わった。では、内田氏はどんな取引をしていたのか。

優待目的で保有の極楽湯が自己株買い、急騰局面で売却

この連載の一覧はコチラ

【2月15日(金)】大引け後の15時10分、スーパー銭湯専業でジャスダック上場の極楽湯(2340)が、自己株買いを発表した。100万株、3億円を上限、期間は2月15日から8月15日まで。100万株は、発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合はなんと9.44%。本日終値は、260円の4円安。優待目的で2012年6月6日に買値200円で600株保有中。

【2月18日(月)】自己株買いを発表した極楽湯は、朝から買い気配で、9時12分に44円高の304円で寄り付いた。自己株買いの予算からすると、3億円÷100万株=300円となるので、300円までだったら買って来るとの予想で300円の指値で600株売り注文を出したら、寄り付きの304円で600株の保有株全株売れた。6万2035円の利益確定。  

次ページ相場は民主党政権時と違い、強そうだ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。