まだまだ株価上昇が続きそう

押し目買いに押し目なし?

スター・マイカの株主総会で、消費増税の質問をしてみた

【2月26日(火)】イタリア総選挙の結果を受けて、NYダウは216ドル安の1万3784ドル。為替は一時、1ドル90円85銭、1ユーロ118円74銭と大幅に円高へ振れた。日経平均も263円安の1万1398円と昨日の上げ分をほぼ消してしまった。信用買い残高は、9週連続増加だそうだ。10時、中古区分所有マンション投資でジャスダック上場のスター・マイカ(3230)の株主総会へ行った。せっかくなので、来年4月に消費税が上がった場合の影響について質問してみたが、前回、消費税が3%から5%になった時は、あまり影響はなかったそうだが、駆け込み需要にも期待しているそうだ。出席者は30人弱でお土産はなしで10時50分に終了。

【2月27日(水)】スター・マイカから株主総会出席のお礼の手紙と株主優待品が届いた。株主優待は11月末に100株以上保有の株主に2000円相当の美容・健康・生活関連商品ということで、ノエビアの入浴剤「薬用三泉G」だった。2012年11月26日に5万8400円で1株(100分割前)買っていて、自己株買い終了を発表した12月3日に650円(100分割後)で売ってしまい、持っていないが、下がったらまた買いたい。本日終値807円の28円安。

【2月28日(木)】イタリア国債の入札が、波乱なく終わったことを好感し、NYダウは175ドル高の1万4075ドルで引けたことを好感し、日経平均も305円高の1万1559円と大幅高。2月は月間で3.7%の上昇で小泉改革以来の昨年の8月から7カ月連続上昇となった。2月は多少軟調な展開を予想していたが、余計な心配だったようだ。

【3月2日(土)】米財政強制削減発動へと伝わったが、NYダウは5年5カ月ぶりの高値、1万4089ドルの35ドル高で引けた。日経平均先物3月限も150円高の1万1720円と大幅高しており、押し目待ちに押し目なしが続いている。米国も日本も、金融緩和政策が続く限り、上昇相場が続きそうだ。 

(撮影:尾形 文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。