宅飲み用日本酒、これは絶対「買っちゃダメ」

限られた予算でヒット打率を高める具体策

また、ワインと同様、最近では玄人向け以外の賞もどんどん濫立してきています。なかにはきちんとした賞もあるのでしょうが、とにかく「◯◯選評会金賞!」などの文字が躍りまくる売り場では、なかなかその価値が判断できません。思い切って、無視しましょう。

めんどくさがりのための日本酒おつまみガイド

書影をクリックするとアマゾン販売ページにジャンプします

日本酒に合う食事は、ワインのコースと違って、基本的に家でつくれるような食事ばかりです。お刺身を買ってきたり、魚を焼いたり……。煮物だって家庭の味でしょう?  やっばり日本酒の場合、普通の家庭料理がいいおつまみです。

でも、食事をつくるのが面倒なときだってありますよね。そんなときには、少し高級な缶詰(ししゃもや豚の角煮、ホタテなど)をうまく活用しましょう。

「缶つまレストラン」(国分グループ)のように、普通の缶詰より100~200円高いけれど味にこだわっている缶詰は、お皿に移すだけでそれらしくなります(温めれば缶詰だってバレません!)。コンビニで調達できるのも便利です。

また、チーズを日本酒に合わせるなら、ミモレットがダントツで合います。 そうそう、米つながりでお煎餅系もいいですね。「柿ピー」を生み出した亀田製菓、「ばかうけ」でおなじみ栗山米菓、「チーズおかき」が有名なブルボンは、実はすべて米どころ・ 新潟の企業。新潟の日本酒と合わせてみてはいかがでしょうか?

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。