お産後のわがままが何でも通るわけではない

悪気がない人を責めるのは止めよう

あなたは遠方から来られた姑の一泊が、さまざまな病気の原因になり、会ったこともない、優秀な人も多いベビーシッターにも、十把一からげに、不信感でいっぱいです。夫以外は皆、敵に見えているのではないですか?

とても恵まれた裕福な家庭で、母親が神経質で笑顔がないだけの欠点が、その子どもまで無表情にし、情緒不安定な子どもにした例がいくらでもあるのをご存知でしょう?

あなたを責めているのではありません。やっと授かったベビーに、神経過敏になっておられるだけです。それはご両親も承知しておられますが、お父様のお母様への謝罪の助言も、間違ってはいません。産後の神経過敏がそれほど偉く、何でも許されるものでもないからです。あなたはご自分の心得違いを詫び、お母様の支援を受けるべきです。あのようなお母様がおられるあなたは、幸運なのです。

人間不信に陥ってはいけない

あなたは、ご両親があなたのベビーには会いたいはずだと勘ぐっておられます。しかし、娘が可愛ければこそ、その子も可愛いのです。お宮参りも、世間体を繕うための誘いだったから、断られたのかもしれません。あなたがささいな理由で親を敵に回しても、親の方は痛くもかゆくもありません。それを海外旅行で示されているとも考えられます。失礼ながら、何かと悪く解釈し、人間不信の様相が節々に伝わってきます。

余談ですが育児中のママが睡眠不足になるのは、多くのママの経験することです。私のように、神経過敏になる間さえなく家事・育児に忙殺される人も多いものです。出産を期にもっと心強く・広く、自立した大人を目指してください。

音信もままならない夫君ですが、彼にとってはラッキーかもしれません。あなたのいまの神経過敏状態を逐一聞かされたとしたら、彼はあの地で、安心して仕事に集中できず、帰国するのも嫌になるかもしれません。

素敵なママとしてご夫君と再会されますよう、願っていますね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT