ポケモンGOの世界観は「任天堂らしさ」の塊だ

このゲームは、大きな可能性を秘めている

瀧本:「ポケモンGO」の中にメッセージサービスがくっついてくるのでは。ピカチュウが「部長から連絡が入ってるよ」と伝えてくれるような。

木本:なるほど、そんな進化になりますか。問題になりそうなことを逆に合体させるということですね。

つまり、ピカチュウがすべてを管理するみたいなことが起こる。ピカチュウが「AbemaTV」の大事なコンテンツだけを選んでおきました、とか。「ポケモンGO」がレジになるとか。ちょっと前までみんなLINEを使って、LINEが入り口になろうとしていた。これからは「ポケモンGO」的なサービスが、ポータルになるかもしれません。

歩いていたら町の中にVRで「AbemaTV」の画面が現れて、そこにライチュウがいて「ちょっと見ていかない」と呼びかけるみたいな。

「VRお笑い業界」制覇の野望を持て

木本:物事をマイナスに考えずに、いろんなモノやサービスが合体して、いままでのことは無くならずに、新しいことができるようになるかもしれないと。明るいミライが待っていそうですね。

瀧本:明るいミライを作る人もいれば、暗いミライに止まる人もいます。放っておくと暗いミライになるので、明るいミライを作る側になりましょう。

木本:舞台の終わりを嘆くのではなく、テレビこそ全国区と思って、チャンスと捉えるほうがいいと。

じゃあ、「ポケモンGO」に初めて出てくる芸人を目指しましょうか。あるいは「芸人GO」みたいなモノを作ればいい。

瀧本:今の話を事務所に帰って部長に提案したら「何をバカなことを」と絶対いわれると思うんです。でも松竹芸能が「あの時の悔しさを晴らしてやる」と一生懸命やったら、「VRお笑い業界」は松竹芸能さんの勝ちになるかもしれませんよ。反対もあるでしょうが、「それこそがチャンスなんです」とアピールするといいですよ。

木本:野望を持って、うちの会社の進む道はこれしかないと。

瀧本:「吉本さんは絶対やってこないんで勝てます!」と説得してください。

木本:「松竹GO」の世界がやってくるかもしれないですね。

(構成:高杉公秀、撮影:今 祥雄)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • iPhoneの裏技
  • コロナショック、企業の針路
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。