女子7人制ラグビー、日本は1次リーグ敗退

3戦全敗で準々決勝に進めず

 8月7日、ラグビー7人制女子の1次リーグ、C組の日本はブラジルに10─26で敗れ、3戦全敗で準々決勝には進めなかった。写真中央は山口真理恵(2016年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は7日、ラグビー7人制女子の1次リーグを行い、C組の日本はブラジルに10─26で敗れ、3戦全敗で準々決勝には進めなかった。

日本は前半6分に桑井亜乃を決めて前半を5─5で折り返し、後半開始直後には山口真理恵がトライを決めたものの、その後ブラジルに3トライを許した。

日本は9─12位決定予備戦では、山口の2トライなどでケニアに24─0で勝利し、9、10位決定戦に進んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。