女子7人制ラグビー、日本は1次リーグ敗退

3戦全敗で準々決勝に進めず

 8月7日、ラグビー7人制女子の1次リーグ、C組の日本はブラジルに10─26で敗れ、3戦全敗で準々決勝には進めなかった。写真中央は山口真理恵(2016年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は7日、ラグビー7人制女子の1次リーグを行い、C組の日本はブラジルに10─26で敗れ、3戦全敗で準々決勝には進めなかった。

日本は前半6分に桑井亜乃を決めて前半を5─5で折り返し、後半開始直後には山口真理恵がトライを決めたものの、その後ブラジルに3トライを許した。

日本は9─12位決定予備戦では、山口の2トライなどでケニアに24─0で勝利し、9、10位決定戦に進んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。