やはりリオ五輪は問題多発、観客から不満噴出

手荷物検査に時間がかかり過ぎ

 8月6日、リオデジャネイロ五輪は、入場ゲートでの手荷物検査で観客が何時間も待たされるなど、さまざまな問題が発生。写真中央は警察に拘束されたデモ参加者。リオデジャネイロで5日撮影(2016年 ロイター)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は6日に競技が本格的に始まったが、入場ゲートでの手荷物検査で、観客が何時間にもわたり待たされるなど、さまざまな問題が起きている。

手荷物検査に時間がかかり過ぎた影響で、観客は強い日差しが照りつける中、ひたすら入場を待つことに。その結果、競技の観戦に間に合わなくなるという事態が発生。体操、ボクシングやテニスの選手は、客席がまばらな状況で競技を行うことになった。

警察、五輪スタッフや民間警備会社など、警備関係者の連携が不十分だと、大会組織委は指摘している。

入場に時間がかかり過ぎたため、ブラジルの体操選手の競技に間に合わなかったナタリア・カルバリョさんは「信じられない。こんなことは馬鹿げているし、あり得ない」とコメント。「観戦チケットを購入したファンに対して失礼。これは恥ずべき事態」と怒りをあらわにした。

同地ではここ数日、殺人、誘拐や盗難事件も頻発しており、警備が最大の懸念となっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。