やはりリオ五輪は問題多発、観客から不満噴出

手荷物検査に時間がかかり過ぎ

 8月6日、リオデジャネイロ五輪は、入場ゲートでの手荷物検査で観客が何時間も待たされるなど、さまざまな問題が発生。写真中央は警察に拘束されたデモ参加者。リオデジャネイロで5日撮影(2016年 ロイター)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は6日に競技が本格的に始まったが、入場ゲートでの手荷物検査で、観客が何時間にもわたり待たされるなど、さまざまな問題が起きている。

手荷物検査に時間がかかり過ぎた影響で、観客は強い日差しが照りつける中、ひたすら入場を待つことに。その結果、競技の観戦に間に合わなくなるという事態が発生。体操、ボクシングやテニスの選手は、客席がまばらな状況で競技を行うことになった。

警察、五輪スタッフや民間警備会社など、警備関係者の連携が不十分だと、大会組織委は指摘している。

入場に時間がかかり過ぎたため、ブラジルの体操選手の競技に間に合わなかったナタリア・カルバリョさんは「信じられない。こんなことは馬鹿げているし、あり得ない」とコメント。「観戦チケットを購入したファンに対して失礼。これは恥ずべき事態」と怒りをあらわにした。

同地ではここ数日、殺人、誘拐や盗難事件も頻発しており、警備が最大の懸念となっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。