リオ五輪開幕、環境保護・世界平和を呼びかけ

「アナログ」的な手法で演出

 8月5日、リオデジャネイロ五輪は市中心部のマラカナン競技場で開会式を行った。写真は、聖火台に火を灯す2004年アテネ五輪男子マラソン銅メダリストのデリマ氏(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は5日、リオデジャネイロ市中心部のマラカナン競技場で開会式を行い、世界平和と環境保護をオープニングテーマとし、多種多様な民族から構成される同国のクリエイティブなエネルギーを感じさせるパフォーマンスが展開された。

2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪と異なり予算的に制限があるため、セレモニーへの最先端技術の導入を最小限にとどめ、ブラジルのカーニバルの伝統にのっとり、より「アナログ」的な手法で演出が行われた。

開会宣言はテメル大統領代行が行った。職務停止中のルセフ大統領はツイッターで、「パーティーに同席できず悲しい」とつづった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。