萩野が金、競泳男子400m個人メドレー

ケイリシュ(米国)が銀、瀬戸が銅

 8月6日、リオデジャネイロ五輪、競泳男子400メートル個人メドレー決勝、萩野公介が金メダルを獲得した(2016年 ロイター/Michael Dalder)

[6日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は6日、競泳男子400メートル個人メドレー決勝を行い、ロンドン五輪銅メダリストの萩野公介が4分6秒05の日本新記録で金メダルを獲得した。

予選を2位で通過した瀬戸大也は3位で銅メダルを獲得した。チェース・ケイリシュ(米国)が銀メダル。

萩野はレース後、「平井先生に金メダルをかけさせたいという思いで泳いだ。競り勝ててよかった」とコメント。瀬戸は「4年後の東京五輪までにしっかり練習してワンツーフィニッシュできるようにしたい」と述べた。

競泳で日本人選手のダブル表彰台は1956年メルボルン五輪の200メートル平泳ぎ以来、60年ぶりの快挙となった。

女子100メートルバタフライ準決勝では、池江璃花子が日本新記録の57秒05を出して全体3位で決勝に進んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。