萩野が金、競泳男子400m個人メドレー

ケイリシュ(米国)が銀、瀬戸が銅

 8月6日、リオデジャネイロ五輪、競泳男子400メートル個人メドレー決勝、萩野公介が金メダルを獲得した(2016年 ロイター/Michael Dalder)

[6日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は6日、競泳男子400メートル個人メドレー決勝を行い、ロンドン五輪銅メダリストの萩野公介が4分6秒05の日本新記録で金メダルを獲得した。

予選を2位で通過した瀬戸大也は3位で銅メダルを獲得した。チェース・ケイリシュ(米国)が銀メダル。

萩野はレース後、「平井先生に金メダルをかけさせたいという思いで泳いだ。競り勝ててよかった」とコメント。瀬戸は「4年後の東京五輪までにしっかり練習してワンツーフィニッシュできるようにしたい」と述べた。

競泳で日本人選手のダブル表彰台は1956年メルボルン五輪の200メートル平泳ぎ以来、60年ぶりの快挙となった。

女子100メートルバタフライ準決勝では、池江璃花子が日本新記録の57秒05を出して全体3位で決勝に進んだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。