内村が鉄棒で落下、体操男子予選で日本は4位

団体決勝は8日に

 8月6日、リオデジャネイロ五輪の体操男子予選、第1班の日本は内村航平が鉄棒で落下。合計269.294点の4位で決勝に進出した(2016年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[リオデジャネイロ 6日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は6日、体操男子予選を行い、第1班の日本は内村航平が鉄棒で落下するなどミスが続き、合計269.294点の4位で決勝に進出した。

1972年ミュンヘン五輪の加藤沢男以来となる個人総合での連覇を狙う内村は、世界選手権で金メダルを獲得した鉄棒で14.300と得点が伸びず、種目別決勝に進むことができなかった。

内村は終了後、「きょうの演技がもっと自分を強くしてくれると思う」とし、気持ちを切り替えて(決勝では)より良い演技をしたいとコメントした。

中国が合計270.461点で首位通過した。米国が270.405点で続き、269.612点のロシアが3位。

団体決勝は8日に行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT