リオ五輪、開会式会場近くで異例の抗議デモ

治安部隊が催涙ガスを使用

 8月5日、リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した(2016年 ロイター/Pedro Fonseca)

[5日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で5日、小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した。

ロイターの目撃者によると抗議デモに参加したのは数百人で、政治の腐敗や、ブラジルの景気がここ数十年で最悪の状態に落ち込む中での五輪開催をめぐる浪費について抗議していたという。

*カテゴリーを追加しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。