リオ五輪、開会式会場近くで異例の抗議デモ

治安部隊が催涙ガスを使用

 8月5日、リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した(2016年 ロイター/Pedro Fonseca)

[5日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪の開会式を直後に控えたマラカナン競技場の近隣で5日、小規模な抗議デモが行われ、治安部隊が催涙ガスを使用して鎮圧した。

ロイターの目撃者によると抗議デモに参加したのは数百人で、政治の腐敗や、ブラジルの景気がここ数十年で最悪の状態に落ち込む中での五輪開催をめぐる浪費について抗議していたという。

*カテゴリーを追加しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT