五輪柔道、中村・海老沼も銅メダル止まり

女子52キロ級、男子66キロ級も金を獲れず

 8月7日、リオデジャネイロ五輪の女子52キロ級、2008年の北京大会銅メダルで3大会連続出場の中村美里(写真)は3位決定戦で延長の末にエリカ・ミランダに優勢勝ちし、銅メダルを獲得(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[7日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は7日、女子52キロ級を行い、2008年の北京大会銅メダルで3大会連続出場の中村美里は準決勝でマイリンダ・ケルメンディ(コソボ)に優勢負けを喫したものの、3位決定戦では延長の末にエリカ・ミランダ(ブラジル)に優勢勝ちし、銅メダルを獲得した。

男子66キロ級でロンドン大会銅メダリストの海老沼匡は、準決勝の延長で安バウル(韓国)に優勢で敗れたが、3位決定戦ではアントワヌ・ブシャール(カナダ)に背負い投げで一本勝ちし、銅メダルを手にした。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。