資料1枚でバレる「二流で終わる人」の3大特徴

会議、企画書、プレゼン…あなたは大丈夫?

私がさまざまな職場で働いてきて痛感するのが、会議やプレゼン、企画書といった、一見「小さな仕事」に見える「資料作り」において、細部の完璧さを究める者だけが一流の高みを目指せるということである。

細部の完璧さを究める人だけが、一流の高みを目指せる

1.仕事の「細部」にまでこだわっているか

ある日、私の作った資料を見た上司が、定規を取り出して「会社のロゴマークが1ミリずれているよ」と怒ったことがある。さすがの私もあきれて「そんなこと、誰が気にするんですか?」と尋ねたところ、こんな答えが返ってきた。

「どこの競合他社も、提案内容自体にはそれほど大きな差はないんだ。だからこそ、『小さなミス』で客の注意を引きたくない。中身より資料の美しさが勝負の要なんだ」

そして実際、極めて高いレベルの人材が争っている中では、「それくらい、ええやないか……」という「資料の僅差のこだわり」が勝敗を分けることも多いのだ。

2.「小さなミス」に「大きな羞恥心」を感じられるか

「神は細部に宿る」という言葉をよく聞くが、一流の人ほど、「小さなミスに対する恥じらいの気持ち」が強い。

これに対し、仕事のできない人に限って、資料にミスがあろうと「このくらい、ええじゃないか」とおおらかに構え、まるで江戸末期に起こった「ええじゃないか祭り」が始まる。

どんなにミスをしてもこちらがビックリするほど、「ええじゃないか、ええじゃないか」と、それはそれはおおらかに自分を許しまくるのだ。

これに対し、一流の人ほど、上司からのチェックで句読点ひとつ、フォントひとつ、グラフを少し手直しされることに大いに羞恥心を感じ、完全な資料がつくれなかった自分を叱責するのである。

「ほかの担当者がつくったパートよりも飛び切り出来がいいものをつくろう」と仕事ひとつひとつに対する目線がことごとく高く、「上司が期待する以上の工夫」をして、「上司が期待するよりもはるかに早く」仕上げてもっていく。

凡人と一流を分ける差は「小さなミスに大きな羞恥心を感じられるか」どうかといっても過言ではない。

次ページ出世の秘訣も「資料作り」にあり?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT