デキない人はプレゼンのやり方がグダグダだ

本当に伝わる仕掛けは選挙論戦から学べ

味方をうまく作れていますか?(写真:xiangtao / PIXTA)

参議院議員選挙に都知事選、海の向こうではアメリカ大統領選にイギリスの国民投票などなど、今年は何かと選挙や投票が話題です。そこで繰り広げられるのが候補者による論戦。票を動かす大きな要素になるだけに演説にはそれなりのスキルが求められます。

これはビジネスの世界におけるプレゼンテーションでも同じ。お客に製品やサービスを選んでもらったり、社内で新規事業への予算を獲得したりするためには、聞き手に同調してもらって自分の目的を達成しなくてはいけません。その答えが選挙論戦にあります。「あの人のプレゼンはグダグダだ」というレッテルを貼られないためにも、拙著『伝わるプレゼン資料作成 成功の実践法則50』でも紹介している、伝わる仕掛けを選挙論戦から考えてみましょう。

聞き手はあまり興味がない

いざプレゼンになると、自分の心意気とは裏腹に、聞き手が自分に関心を示さなかったり、時には敵意さえ感じたりした経験はないでしょうか。そもそも聞き手はあなたのプレゼンなんか聞きたいと思っていない、とは言わないまでも、多くのプレゼンの機会では興味を持って聞いてくれる人はおおかた少数だと思ったほうがいいでしょう。

どのようにして聞き手を味方にすればいいのでしょう。そのような時に使えるテクニックが2つあります。

次ページ聞き手を味方につけるテクニックとは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。