B787大量投入が裏目に出たANA

JAL VS.ANA 財務面から見たライバル対決(下)

さて、JALに続き、今度は全日本空輸(以下ANA)の財務内容を分析してみましょう。まず、JALが破綻する前の、ANAの2009(平成21)年3月期 第3四半期の決算を見ていきます。

貸借対照表から導いた自己資本比率は18.2%、これは安全水域です。また、有利子負債も見てみますと、借入金や社債など合計で7746億円となります。

まず、売上げはどうだったのでしょうか。同年同四半期の損益計算書(下)を見ますと、「営業収入」は1兆1074億円でした。当時ANAはJALほど売上げはありませんでしたが、JALは赤字だったのに対し、ANAは「営業利益」が403億円の黒字を出していたのです。

ただ、問題はここからです。次ページにある、直近の2013(平成25)年3月期 第3四半期の財務内容に移りますが、自己資本比率は35.5%となりますから、2008(平成20)年12月31日時点より大きく改善していると言えます。

次ページリーマンショック直後までは堅調だった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT