B787大量投入が裏目に出たANA

JAL VS.ANA 財務面から見たライバル対決(下)

さて、JALに続き、今度は全日本空輸(以下ANA)の財務内容を分析してみましょう。まず、JALが破綻する前の、ANAの2009(平成21)年3月期 第3四半期の決算を見ていきます。

貸借対照表から導いた自己資本比率は18.2%、これは安全水域です。また、有利子負債も見てみますと、借入金や社債など合計で7746億円となります。

まず、売上げはどうだったのでしょうか。同年同四半期の損益計算書(下)を見ますと、「営業収入」は1兆1074億円でした。当時ANAはJALほど売上げはありませんでしたが、JALは赤字だったのに対し、ANAは「営業利益」が403億円の黒字を出していたのです。

ただ、問題はここからです。次ページにある、直近の2013(平成25)年3月期 第3四半期の財務内容に移りますが、自己資本比率は35.5%となりますから、2008(平成20)年12月31日時点より大きく改善していると言えます。

次ページリーマンショック直後までは堅調だった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。