超スリム化で復活したJAL

JAL VS.ANA 財務面から見たライバル対決(上)

超スリム化で甦ったJAL(左から大西会長、稲盛名誉会長、植木社長、撮影:今井康一)

 2010(平成22)年1月に会社更生法を適用した日本航空(※以下、JAL)は、京セラ創業者・稲盛和夫氏の指揮の下で見事にV字回復を遂げ、ついに2012(平成24)年9月、再上場を果たしました。ただ、ここで同社の業績アップに焦りを感じた全日本空輸(※以下、ANA)からは、「JALは破綻処理によって、優遇されすぎているのではないか」という批判が出始めています。

この背景には、多くの要因によって業績に差がついてしまった2社の姿がありました。今回は、JALとライバル企業である全日空(※以下、ANA)の財務内容を分析してみたいと思います(編集部注:今回は資料が一段と充実しており、印刷を行うなどしてお読みになることをお勧めします)。

破綻後自己資本比率が大きく改善、身軽になったJAL

まず、JALが破綻する前の平成21年3月期 第3四半期決算を見ながら、当時の状況を分析してみましょう。破綻前(2008(平成20)年12月31日)の貸借対照表によると、この時、中長期的な安全度の目安である自己資本比率(=純資産÷資産)は、11.6%と低水準でした。

次ページ破綻直前のJALは文字通り超低空飛行だった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT