超スリム化で復活したJAL

JAL VS.ANA 財務面から見たライバル対決(上)

何よりも驚きなのは、下の貸借対照表でわかるとおり、有利子負債が格段に減少したことです。「負債の部」から借入金などを合計しますと、522億円。つまり、破綻直前と比較しますと、有利子負債は10分の1以下に減少したということになります。

JALの破綻による法人税優遇措置が「他社より有利になりすぎているのではないか」という批判がありますが、その部分も見ていきましょう。平成25年3月期 第3四半期の損益計算書の中に「法人税等」という項目がありますが、これが94億円しか支払っていないのです。

JALは経常利益が1542億円出ているわけですから、一般的に限界税率が40%近くあることを考えますと、本来であれば最低でも数百億円の法人税を支払わねばなりません。しかし、優遇措置によって百億円単位の法人税が免除され、94億円しか支払わなくてよいということになっているのです。(右のJALの損益計算書を参照)。

このように、JALは極端に税率が低いわけですから、その分、キャッシュが浮いてくるというわけです。この分、JALは資金に余裕ができるとともに、自己資本比率改善にも寄与しているわけです。

こうした優遇措置に加え、JALは資産のスリム化を行いました。破綻時には「資産合計」が1兆8869億円ありましたが、平成25年3月期 第3四半期決算では1兆1768億円まで4割近く資産が圧縮されています。つまり、先程も触れましたように、負債を減らして資産の圧縮も進んだということなのです。

次ページJALの法人税はわずか94億円だった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。