超スリム化で復活したJAL

JAL VS.ANA 財務面から見たライバル対決(上)

そして、有利子負債は、借入金や社債などを合計すると8296億円も抱えていたことになります。

当時は収益も落ち込んでいました。同年同四半期の損益計算書を見ますと、「営業損失」が88億円という赤字経営であり、「経常損失」の段階では256億円、「四半期純損失」も19億円という惨憺たる状況でした。こうした中、平成22年1月にJALは会社更生法を申請したということです。

次に、先日発表されたばかりの2013(平成25)年3月期 第3四半期決算を見てみます。先程と同様に自己資本比率を計算しますと、なんと46.5%と大きく改善しているのです(次ページ)。

次ページJALのどこが改善したのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。