超スリム化で復活したJAL

JAL VS.ANA 財務面から見たライバル対決(上)

一方、平成25年3月期 第3四半期(4~12月期)の損益計算書を見ますと、一般企業の売上高に相当する「営業収益」は9420億円です。破綻前は、同四半期間で1兆5593億円あったことを考えますと、売上げを減らしても不採算路線をどんどん削減し、資産も圧縮したということです。その結果、資産回転率(営業収益÷売上高)ではさほど大きな違いはありませんが、収益的には大きな改善をしています。なおかつ負債が激減していますから、財務的にも非常に身軽な会社になったというわけです。

そして、JALの名誉会長となった稲盛和夫氏の指揮の下、全従業員の考え方が統一され、サービスも向上させるという、良い循環に入っています。

ただ、この状況が今後も続くかどうかは分かりません。というのは、2011年の世界の航空会社の84%が加盟している国際航空運送協会(IATA)全体での純利益が84億ドル(※1ドル=80円換算で約6720億円)であるうち、JALの純利益は1866億円でした。つまり、JAL1社だけで世界の航空会社の純利益の30%近くを占めていたことになります。これは、競争環境上通常はあり得ない話です。

もちろん、JALの経営努力もあるでしょう。不採算路線からの撤退や、従業員のリストラ、年金や退職金負担の大幅な削減、金融機関による債権放棄、そして法人税優遇措置など、あらゆる要素が劇的な回復に繋がったのだと思います。しかし、それらを考慮しても、この状況はあまりにも特殊ですから、このままの状況が長く続くとは考えにくいのです。JALは破綻したことによって、業績が大きく好転したことは間違いありませんが、LCCの台頭などにより競争環境が引き続き厳しいことや、円安もあって燃料価格が高止まりしていることを考えれば、今後の業績には注意が必要です。(以下、(下)に続く。下は27日(水)掲載の予定です。 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。