売り抜けたと言われるのは不愉快だ

千本倖生 イー・アクセス会長

売り抜けたと言われるのは不愉快だ--千本倖生 イー・アクセス会長

10月1日、ソフトバンクはイー・アクセスの買収を発表した。約1800億円に上る巨額買収で、契約数は業界2位に浮上する。イー・アクセス創業者の千本倖生会長は、日本電信電話公社(現NTT)を飛び出して、京セラ創業者の稲盛和夫氏と共同で第二電電(現KDDI)を創業。イー・アクセスではADSL事業や携帯電話事業に新規参入するなど、通信業界に新風を吹き込んできた。業績は順調に拡大していた中、なぜ今、ソフトバンクとの経営統合の道を選んだのか。

--2月に中期事業戦略を発表するなど、独立路線を貫くとみられていましたが、今回の買収に応じた理由は?

ゴールドマン・サックスなどが大株主なので、「出口」として株式を売却される可能性はつねに感じていた。だが、業績も着実に伸ばしており、自立して利益を出していこうと考えていた。

今回決めたのは、孫正義社長から熱烈なオファーを受けたからだ。孫社長が「テザリングをやります」と会見した(9月19日)直後から数回お会いしたが、あれほどの情熱とスピードがなければ、短期間ではまとまらなかっただろう。

われわれが強みを持つLTE(次世代高速通信)とソフトバンクのアイフォーン5を組み合わせれば、すばらしいシナジーを生み、イー・アクセス単独で事業を続けるより大きく成長できると考えた。同時期にKDDIの田中孝司社長にもお会いして真摯な提案をいただいたが、ソフトバンクが上回ったといえる。

欧米の知人たちからもらったメールは「250%ものプレミアムをつけて売るなんて大成功だ。おめでとう」という称賛だった。イー・アクセスのようなベンチャーがこうしたイグジット(出口)の形になるのは、世界ではノーマルだ。

次ページ当面は取締役を続ける
人気記事
トピックボードAD
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。