カードゲーム「トランプ」意外と知らない基本

この薀蓄100章は思わず人に話したくなる

21. そのため「ポロ用スティック」のスートは、イタリアでは「儀式用の杖」、スペインでは「棍棒」に変化した

22. 15世紀後半にはフランスで国際式トランプの基礎ができ、それが英国へ渡り、米国や植民地へと広がった

23. 日本にプレイングカードが伝来したのは室町期1543年。南蛮貿易によってポルトガルからもたらされた

24. 当時伝わったものはラテンスートで48枚の札からなり、ポルトガル語のまま「carta(カルタ)」と呼ばれた

25. その人気は高く、1597年には土佐国の戦国大名・長宗我部元親が「博奕かるた諸勝負」を禁止している

26. 安土桃山時代にはポルトガルから伝わったカードを元に「天正かるた」と呼ばれる国産カードが作られる

27. 「天正」とは最初の札に〈天正金入極上仕上〉と記してあったことから後年についた名称である

28. 1688~1704年頃になると5スート×15枚(計75枚)とカード枚数の増えた「うんすんかるた」が誕生する

29. 「1=うん」「11=うんすん」と呼び、「うんともすんとも言わない」という言葉の語源にもなっている

30. その後、1772年~80年頃に誕生したとされるのが「めくりかるた」である

初めて国産トランプを製造したのは?

31. このカードには〈めくる〉というルールがあり、坊主めくりやのちの花札の原型ともいわれている

32. めくりかるたは一枚一枚に点数があり、同じ点数同士をあわせ取り、数回のゲームによる合計点数を競った

33. これら西洋のカードをもとにしたかるたは賭け事に使用されることも多く、江戸時代には度々禁止された

34. 1882年に現在我々が知るトランプに近い英米型カードが輸入自由化されると、明治期にはカード人気再燃

35. 1885年に出版された桜城酔士の『西洋遊戯かるた使用法』には、「トランプ」という表現が見られる

36. またこのなかにはトランプによるゲーム紹介のほかに、カードを使用した奇術についても記されていた

37. 当時は英国や米国から輸入されていたが、京都で花札を製造していた任天堂が1902年国産トランプを製造

38. 任天堂は1953年、プラスチック素材を取り入れたトランプを開発・販売し、国内外に大きく普及していく

39. 現在の日本ではトランプ=標準52枚+ジョーカーという英米型が主流だが、世界では枚数もスートもさまざま

40. トランプの歴史の古いイタリアでは40枚、スペインでは48枚(または40枚)、ロシアでは36枚が一般的

次ページフィリピンでは112枚のものも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング