カードゲーム「トランプ」意外と知らない基本

この薀蓄100章は思わず人に話したくなる

81. 日本でも国産トランプが誕生した1902年に「骨牌税法」が施行されトランプに対する課税が始まっている

82. 1957年「トランプ類税法」として改正されたが、1989年の消費税導入に伴い廃止。「消費税法」に統合された

83. トランプ類税法時代、日本のトランプはパッケージに「証紙」を貼ることが義務化されていた

「エキストラジョーカー」は控えめな色彩(写真:Violin / PIXTA)

84. 現在、日本の多くのトランプは「英米型」であり、さらに53枚目として「ジョーカー」が加えられている

85. 「ジョーカー」が誕生したのは19世紀後半の米国で、「ユーカー」というゲームの切り札としてであった

86. パッケージに「ジョーカー」が2枚入っている場合、1枚は控えめな色彩で「エキストラジョーカー」と呼ぶ

87. また英字の説明書が入っている場合もあり、このカードをジョーカー扱いにすることも可能である

88. 標準的なトランプのカードの大きさは「ブリッジサイズ」と「ポーカーサイズ」の2種類

89. 「ブリッジサイズ」は約57mm×約89mmで、「ポーカーサイズ」は約63mm×約89mmである

90. 横幅が狭い「ブリッジ」は手札が多いゲームに向き、「ポーカー」は手札の少ないゲームに適している

トランプの歴史は俗説も多い

91. しかし名称は便宜的なものであり、ブリッジサイズでポーカーをプレイしても何ら問題はない

92. 米国内にあるカジノの大半は、ポーカーにブリッジサイズのカードを使用している

93. トランプの絵札の上下に「2つの半身像」が描かれているものを「ダブルヘッド」と呼ぶ

94. これはカードの上下が逆になった場合にひっくり返す手間を省くために生まれたアイデア

95. トランプなど遊びやゲームに関する歴史については一般に記録されることが少ないため、俗説も多い

96. トランプの「4つのスートが四季を表し、カードが52枚あるのは1年が52週だから」という俗説は誤り

97. A=1、J=11、Q=12、K=13として52枚の数を足すと364になりジョーカー=1として加えると365に

98. 数字的には「1年365日」と重なるが、これは意図的なものではなく単なる偶然といわれている

99. 国産トランプの祖・任天堂ではかつて入社したデザイナーにトランプのデザインをさせる慣習があった

100. 人気ゲーム『スーパーマリオブラザーズ』や『ゼルダの伝説』を生んだ宮本茂もその経験者の一人である

(文:寺田 薫/モノ・マガジン2016年10月2日号より転載)

参考文献・HP/「トランプものがたり」(岩波書店)「トランプとタロット」(平凡社)「図解トランプの基本」(土屋書店)「トランプの不思議」(東京堂書店)
「タロットの歴史」(山川出版社)、任天堂、SEOほか関連HP

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
親子で話し合う<br>相続・終活・お墓

親子の3大難題を解決に導く決定版。相続で「もめない」23の鉄則、子や孫が助かる「生前贈与」のフル活用法、財前直見さんが勧める「ありがとうファイル」の作り方、「免許返納」で親を説得するポイントなど最新情報を満載。

  • 新刊
  • ランキング