カードゲーム「トランプ」意外と知らない基本

この薀蓄100章は思わず人に話したくなる

41. これらは「地方札」とも呼ばれるが、フィリピンでは112枚というものもありクワホというゲームに使用する

42. またカードに描かれているスートも地域ごとに異なり、最も古典的なのが「ラテン型」

43. イタリア、スペイン、ラテンアメリカで流通しているもので、スートは「剣」「カップ」「貨幣」「杖(棍棒)」

44. 欧州にカードが現れた当初の形式を保っており、ポルトガルから日本に最初に伝えられたのもこのタイプ

45. イタリアのカードは「1~10」で構成されるが、8~10は「歩兵」「騎士/馬」「王」の絵札となる

46. しかしイタリア北西部(ミラノ・ジェノヴァ・ピエモンテ州)とフィレンツェはフランス型スートを持つ

47. スペインのカードは「1~12」で構成されるが、10~12は「従者」「騎士/馬」「王」の絵札となる

48. 現在のトランプマークの基礎となる「ドイツ型」のスートは、「鈴」「心臓」「木の葉」「どんぐり」から成る

49. 数札では、「木の葉」と「どんぐり」は〈中央に生えた木から生まれた〉ように描かれている

50. そのため「9」「10」の場合、「鈴」と「心臓」は縦3列配置だが、「木の葉」「どんぐり」のみ配置が異なる

ドイツ、スイスでは?

51. ドイツ型の場合、エース(A)に相当するカードは「ダウス」と呼ばれるが、実はこれは「2」のことである

52. J・Q・Kに相当する絵札は、「ウンター(低ジャック)」「オーバー(高ジャック)」「ケーニヒ(王)」で構成

53. ドイツでは、「2~6」など低位のカードを使用しないで進行するゲームが多いといわれる

54. またドイツ型に近いスイスのカードの場合、そのスートは「鈴」「盾」「野ばら」「どんぐり」で構成される

55. スイスでは「2~5」のカードを使用しないゲームが多く、また「10」には旗が描かれ「バナー」と呼ばれる

56. 15世紀後半に誕生した「フランス型」。当初は多色印刷技術がなく、スートはステンシルを使用し手塗りした

57. そこでカード製造を容易にするためドイツ型スートのシンボルを極端に単純化し、色も赤と黒の単色に限定

58. ドイツの「鈴」はフランスで「♠」に単純化され、「心臓」は「♥」、「木の葉」は「♣」、「どんぐり」は「♦」に

59. こうして現在日本で知られるスートが誕生。17世紀にはプレス式製造機の発明で生産性が向上し販路拡大

60. フランス型のカードは英国にも広まっていくが、「フランス語」版は、「A」ではなく「1」から始まる

次ページトランプの絵札の人物
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現地ルポ<br>アメリカ・若者たちの反乱

Z世代、ミレニアル層と呼ばれる米国の若者が大きく揺れている。従来の保守、リベラルの枠組みを超えて右と左に分裂、新しい政治運動を推し進めている。彼らの受け皿となっている新・社会主義、リバタリアニズムの現場をリポート。

  • 新刊
  • ランキング