無理な物価上昇は、預金流出を引き起こす

政府が行うべきは金融政策ではなく、産業政策

では、仮に預金流出が起きるような状況になると、どのような影響が出るのでしょうか。ここで前回同様、下にある平成24年3月末の三井住友銀行(単体)のバランスシート(抜粋)を見てください。「負債の部 預金」の残高は75兆8千億円もあるにも関わらず、「資産の部 現金預け金」は約6兆6000億円しか持っていないことがわかります。

つまり、引き出しに備えて持っている現金は、三井住友銀行のような健全な銀行でも、預金残高の8.7%程度しかないということです。逆にいえば、通常の状況だと、これくらいの現金預け金を保有していれば問題はないということです。

ところが、預金流出が起こり、万が一取り付け騒ぎにまで発展してしまうと、銀行は現金を確保すべく大量に保有する国債を売却せざるを得ません。しかし、銀行が一気に国債を売ってしまいますと、国債の暴落を招いてしまいます。

こういった極端な事態を防ぐために、中央銀行は金融機関に対し、国債などを担保にして無制限に資金を貸し出す「補完的貸付制度」を用意しています。

ただし、そのような事態になったら、ほとんどの銀行が日銀に資金繰りのために国債を持ってくるでしょう。日銀がそれらすべてを本当に引き受けられるのかというのも疑問です。

日銀が行う金融緩和は、米FRBのQE3と違う点がある

米国でも大型の金融緩和を行って功を奏しているではないかという意見もありますが、一口に金融緩和政策といっても、各国の置かれている状況によって様相が異なります。

米国の中央銀行に相当するFRB(連邦準備制度理事会)も金融緩和を行って、債券を購入し続けていますが、日銀が行おうとしている金融緩和とは大きな違いがあります。まず、FRBが行っているQE3(量的緩和第3弾)は、インフレを目的としているものではありません。米国のインフレ率は2%程度ですから、QE3は景気浮揚策として行っているのです。

次ページ米国の金融緩和策をもう少し詳しく分析しよう
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT