日銀総裁が漏らした不満

高まる期待と増す重圧 

高まる期待と増す重圧 日銀総裁が漏らした不満

いつもはどのような質問にも淡々と答える白川方明日本銀行総裁だが、30日の決定会合後の会見ではめずらしく愚痴とも不満ともつかないような言葉を漏らした。

今回の金融政策決定会合では資産買入等基金(基金)を通じた資産買入れの増額を決定すると同時に、金融機関の貸し出しを後押しする目的から「無制限」の貸出支援基金を創設することも発表した。だが、あくまで大枠だけ。その効果を問う質問が相次いだ。また、14年度でも日銀が目途とする消費者物価上昇率1%に達しない見通しを示したことにも多くの質問が出た。

何度か説明を繰り返す中、会見終盤にさしかかったところで、おもむろに白川総裁は、
「先程からの質問を聞いていると、一方で、これをやっても効果はないのではないかというものと、一方で、物価が上がらないからもっと何かをやるべきではないのかという、両方の相反する問いを受けているように思う」と述べた。
「だったら、どうしろ、と」とも言いたげな様子だった。

 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。