ポケモンGO、公開前のインドネシアで大熱狂

宗教指導者や当局の懸念なんて何のその

「ポケモンGO」について、世界最多数のイスラム教徒を抱えるインドネシアの宗教指導者団体は、宗教上の禁止令を出さないことを明らかにした。ジャカルタで撮影(写真: ロイター/Iqro Rinaldi)

世界的な大ヒットを記録したスマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」は、世界最多のイスラム教徒を抱えるインドネシアでも正式リリースの前から熱狂を誘っている。ポケモンのキャラ捕獲に夢中なプレイヤーには、宗教上の決まりや安全面での警告などは、耳に入らないようだ。

拡張現実(AR)アプリのポケモンGOでは、プレイヤーが現実世界の場所を歩きまわって、スマホ画面に現れるキャラを捕獲する。このゲームは瞬く間に世界中で人気となり、任天堂の市場価値をほぼ倍増させた。

しかし、誰もが喜んでいるわけではない。

サウジアラビアのイスラム教聖職者団体である高位宗教学者協会は、ポケモンのカードゲームが反イスラムだとする宗教令(ファトワ)を15年ぶりに更新した。ギャンブルなどを促す懸念があるためとしている。ただ、このファトワは、ポケモンGO自体には言及していない。

「中毒の可能性」はあるが

インドネシア・イスラム法学者会議(MUI)の幹部Amidhan Shaberah氏はロイターに、MUIはポケモンGOに関する公式見解を示してはいないと説明。ただ、ゲームというものは「恩恵よりも害悪」をもたらし、仕事や学業を犠牲にして人々を「中毒にさせる」可能性があると語った。

 インドネシアのメディアによると、同国の保安当局者は、ポケモンGOを通じて外敵が機密の衛星データを収集する可能性があると指摘。大統領府内でのプレイを禁止した。

このゲームを任天堂と共同開発した株式会社ポケモンの広報担当者は、ポケモンGOについて、社会悪を助長するのではなく、楽しんでもらうために開発したと述べている。

次ページ公開前だが既に数万人がゲット
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT