ポケモンGO、公開前のインドネシアで大熱狂 宗教指導者や当局の懸念なんて何のその

拡大
縮小

ポケモンGOは人口2億5000万人のインドネシアではまだ、正式にリリースされてはいないが、数万人がすでに、他の国のアプリストアにアクセスする形でダウンロードしている。

ラジオ番組司会者のMohammad Resja Ilham氏(24)は、現実的な理由がない限り、プレイをやめる気はないと語る。彼は通勤途中にポケモンを捕獲したのに加え、週末には最大5時間プレイしているという。「プレイしていると新たにいろんな人々に会えるんだ。ホントに楽しいよ」。

すでに「商売のタネ」に

ポケモンGOはキャッシュも生み出しつつある。

インドネシアの通信事業者XLアクシアタは、ポケモンGO人気を受けて、「4Gデータサービス」の一部の料金を20%割引く予定だ。同社の広報担当者がロイターに明らかにした。

また、16日には東南アジア発の配車サービス会社グラブが、同社のタクシーを利用してポケモンハンターがジャカルタの独立記念塔 (モナス) に行った場合、値引きを行うと表明した。

グラブのインドネシア法人社長は「人々はまさに熱狂している」と語る。彼自身も独立記念塔を訪れ、ポケモンを数匹、何とか捕獲できたという。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT