ポケモンGO、公開前のインドネシアで大熱狂

宗教指導者や当局の懸念なんて何のその

ポケモンGOは人口2億5000万人のインドネシアではまだ、正式にリリースされてはいないが、数万人がすでに、他の国のアプリストアにアクセスする形でダウンロードしている。

ラジオ番組司会者のMohammad Resja Ilham氏(24)は、現実的な理由がない限り、プレイをやめる気はないと語る。彼は通勤途中にポケモンを捕獲したのに加え、週末には最大5時間プレイしているという。「プレイしていると新たにいろんな人々に会えるんだ。ホントに楽しいよ」。

すでに「商売のタネ」に

ポケモンGOはキャッシュも生み出しつつある。

インドネシアの通信事業者XLアクシアタは、ポケモンGO人気を受けて、「4Gデータサービス」の一部の料金を20%割引く予定だ。同社の広報担当者がロイターに明らかにした。

また、16日には東南アジア発の配車サービス会社グラブが、同社のタクシーを利用してポケモンハンターがジャカルタの独立記念塔 (モナス) に行った場合、値引きを行うと表明した。

グラブのインドネシア法人社長は「人々はまさに熱狂している」と語る。彼自身も独立記念塔を訪れ、ポケモンを数匹、何とか捕獲できたという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT