ポケモンGO人気に困っている人たちがいる

アウシュヴィッツ博物館の想いとは?

ポーランドにあるアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館は、敷地内で「ゲーム」をすることに警告を出し、これから訪れるであろうポケモンGOの波に備えている。

ポケモンGOは、ユーザーが現実の場所で、仮想のデジタルキャラクターを発見し、捕まえるスマートフォン上のゲーム。拡張現実(AR)という技術を活用している。

しかし、いくつかの特別な場所...たとえばポーランドのアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のような場所では、どのようなプレイヤーであっても、プレイを控えるように多くの人が望んでいる。

どんな種類のゲームもNG

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のスポークスマンであるバルトス・バーツェル氏は、敷地内では、どんな種類のゲームであっても許されるべきではない、と言う。「ここは、かつてのナチスドイツの死の収容所です。アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館は、単なる博物館であるだけでなく、何をおいても記憶しておくべき場所といえるでしょう。人々は歴史を知るために来るだけではなく、熟慮、内省、時には祈りのために来る場所です。この場所を、ゲームを楽しむ場所として扱うなんて、有り得ません」。

アメリカのホロコースト記念博物館は、ナチスの犠牲者にささげられた記念館で、このアプリをプレイすることは、「極めて不適切」であると述べていた。こうした似たような組織が、ゲームの場所として取り扱わないよういゲーム開発元に要求したのを見て、同氏も同じような要求を行った。

ポーランドにおいて、このアプリは、まだ正式にはリリースされていないが、果たしてどうなるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT