ポケモンGO人気に困っている人たちがいる アウシュヴィッツ博物館の想いとは?

印刷
A
A

ポーランドにあるアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館は、敷地内で「ゲーム」をすることに警告を出し、これから訪れるであろうポケモンGOの波に備えている。

ポケモンGOは、ユーザーが現実の場所で、仮想のデジタルキャラクターを発見し、捕まえるスマートフォン上のゲーム。拡張現実(AR)という技術を活用している。

しかし、いくつかの特別な場所...たとえばポーランドのアウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のような場所では、どのようなプレイヤーであっても、プレイを控えるように多くの人が望んでいる。

どんな種類のゲームもNG

アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館のスポークスマンであるバルトス・バーツェル氏は、敷地内では、どんな種類のゲームであっても許されるべきではない、と言う。「ここは、かつてのナチスドイツの死の収容所です。アウシュヴィッツ・ビルケナウ博物館は、単なる博物館であるだけでなく、何をおいても記憶しておくべき場所といえるでしょう。人々は歴史を知るために来るだけではなく、熟慮、内省、時には祈りのために来る場所です。この場所を、ゲームを楽しむ場所として扱うなんて、有り得ません」。

アメリカのホロコースト記念博物館は、ナチスの犠牲者にささげられた記念館で、このアプリをプレイすることは、「極めて不適切」であると述べていた。こうした似たような組織が、ゲームの場所として取り扱わないよういゲーム開発元に要求したのを見て、同氏も同じような要求を行った。

ポーランドにおいて、このアプリは、まだ正式にはリリースされていないが、果たしてどうなるだろうか。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT