ポケモンGOの日本への投入時期は「近い」

ナイアンティックのハンケCEOが言明

 7月15日、米国などで爆発的な人気を呼んでいる任天堂のスマートフォーン用ゲーム「ポケモンGO」の開発・販売を手掛けている米ゲーム会社ナイアンティックのジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)は、ロイターとのインタビューで、同ゲームの市場を世界の約200の国と地域に拡大したいとの意向を示した。写真は都内で15日撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - 米国などで爆発的な人気を呼んでいる任天堂<7974.T>のスマートフォーン(スマホ)用ゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の開発・販売を手掛ける米ゲーム会社ナイアンティックのジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)は15日、ロイターとのインタビューで、同ゲームの市場を「比較的近い将来に」世界の約200の国と地域に拡大したいとの意向を示した。すでにサーバーの増強などに着手しており、日本への投入時期も「近い」と述べた。

ポケモンGOはスマホの位置情報を活用、現実世界を舞台にポケモンを探したり、捕まえたりして遊ぶゲーム。ナイアンティックは昨年、米グーグルからスピンアウトした企業で、任天堂などが出資している。

同ゲームのリリースはこれまで米国やドイツなど5カ国にとどまっているが、ハンケ氏はインタビューで「なぜ制限する必要があるのか」と語るとともに、「サーバー容量が(利用急増に)追いつけるよう作業している」と述べ、ポケモンGOの利用可能地域を早急に拡大する準備を進めていることを明らかにした。

同氏は新規市場への投入時期は明確にしていないが、同社がポケモンGOと同様のスマホゲームとしてすでに配信している「Ingress」を例にとり、同数の国に拡大するのに必要な時間は「1─2カ月だった」と述べた。

韓国では、北朝鮮に対する安全保障上の理由から、グーグルの地図情報システムの利用が制限されている。ポケモンGOの投入も難しいのではないかとの見方について、同氏は「解決策はある」とし、「最終的にはポケモンGO(のサービス)を開始する見通しだ」と語った。

同様に導入が困難とされる中国に関し、ハンケ氏は「技術的には(導入は)可能」としながらも、いくつか対応すべき規制が存在していると指摘。導入計画については「それ以上のコメントはない」として回答を控えた。

ポケモンGOは今月6日、米国とオーストラリア、ニュージーランドの3カ国で先行配信されると同時に人気が沸騰した。

利用が急増していることについて、同氏は「人々が家の外に出て、近所を探索し、面白い場所を見つける。人々が家族や友人と一緒に楽しい活動をする。それを奨励するのが(ポケモンGOの)ゴールであり、それがゲームの持つ役割だ」と強調した。

 

(山崎牧子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「若き老害」常見陽平が行く サラリーマン今さら解体新書
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング