ポケモンGOは利用者情報を不必要に収集?

米議員が説明求める書簡を開発会社に送付

 7月12日、爆発的人気を博している任天堂の「ポケモンGO」(写真)について、米民主党の上院議員は、ユーザーの個人情報の保護状況について説明するよう、開発したナイアンティックに要求した。11日撮影(2016年 ロイター/Mark Kauzlarich)

[ワシントン 12日 ロイター] - 爆発的人気を博している任天堂<7974.T>のスマートフォンゲーム「ポケモンGO」について、米民主党の上院議員は12日、ユーザーの個人情報の保護状況について説明するよう、ゲームを開発したナイアンティックに要求した。

社会現象にもなっている同ゲームをめぐっては、広範囲なユーザーデータを不必要に収集しているとの懸念が浮上している。

アル・フランケン上院議員(米ミネソタ州)は、ナイアンティックのジョン・ハンケ最高経営責任者(CEO)に書簡を送り、「ポケモンGO」が収集しているユーザーデータの種類や、収集したデータの利用方法、データを共有するサードパーティーを明らかにするよう求めた。

フランケン議員は書簡で「ナイアンティックがユーザーの適切な合意なしに、ユーザーの幅広い個人情報を不必要に収集、利用、共有していることを懸念している」とし、「ユーザーのプライバシーやセキュリティーの問題にどう取り組んでいるのか説明を求めたい」としている。

ナイアンティックは昨年、グーグルから独立。任天堂が3分の1を保有する「ポケモン」とともに、「ポケモンGO」の開発を手掛けた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。