米で「ポケモンGO」人気沸騰、ユーザー狙う強盗事件や負傷例も

ユーザーを狙った強盗事件まで発生

 7月11日、米ミズーリ州で、任天堂などが参画したスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」(写真)のユーザーらがプレー中に強盗被害に遭う事件が発生、現地警察が注意を呼び掛けている。(2016年 ロイター/Sam Mircovich/Illustration)

[11日 ロイター] - 米国で、任天堂<7974.T>などが参画したスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の人気が沸騰している。一方、ユーザーがプレー中に強盗被害に遭ったり、熱中し過ぎて負傷する例も報告されている。

「ポケモンGO」は、ポケモン・カンパニー・インターナショナル、ナイアンティック、任天堂が開発。スマホの位置情報を活用し、現実世界を舞台にポケモンを捕まえたりするゲーム。米アップル<AAPL.O>のアプリサイト「アップストア」のランキングでトップになっている。

分析会社シミラーウェブによると、「ポケモンGO」のデイリーアクティブユーザー数は、ツイッターとほぼ互角になっているという。

米ミズーリ州では、10人以上の「ポケモンGO」ユーザーが強盗に遭い、現地警察が注意を呼び掛けている。警察当局によると、強盗に関わったとして10代の若者ら4人が10日に逮捕された。

ミズーリ州オファロンの警察当局は「『ポケモンGO』の位置情報機能を使うと、強盗犯人は被害者の場所や、周囲の状況を把握することができる」とし、プレー中は注意するよう呼び掛けた。

一方、ゲームを開発したポケモン・カンパニー・インターナショナルとナイアンティックも電子メールを通じて声明を発表し「ゲームで遊ぶ際は周りに注意を払い、知らない場所には友人と行くよう」訴えた。

ソーシャルメディアへの投稿によると、ゲームに熱中したプレーヤーがつまずいたり転んだりして、軽傷を負ったケースもあるという。

また、ワイオミング州では、ポケモンを探して川辺を歩いていた女性が、溺れたと見られる男性の遺体を発見するという事件もあった。

*内容を追加します。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT