スーパーセルCEO「任天堂の参入は大歓迎」

スマホゲーム、ロングヒットの秘密とは?

「日本のゲーム業界は世界最高レベル」と語るスーパーセルのパーナネンCEO(撮影:尾形文繁)
アクション・戦略ゲームの「クラッシュ・オブ・クラン」で、世界のスマートフォンゲームのトップ集団を走るフィンランドの「スーパーセル」。現CEO(最高経営責任者)のイルッカ・パーナネン氏らが5年前に設立した新興企業で、ヘルシンキ、東京、サンフランシスコ、北京、ソウルに拠点を構える。農園シミュレーションゲームの「ヘイ・デイ」や戦略バトルゲーム「ブーム・ビーチ」も提供している。
スーパーセルは2013年10月にソフトバンクグループ入りを発表し、ガンホー・オンライン・エンターテイメントとともにグループの業績を牽引してきた。2014年度の業績も売上高2525億円、営業利益559億円と、存在感は増しつつある。同社は今回、9月19~20日にかけて行われた東京ゲームショウに初出展し、大規模なファンイベントを開催。来日したパーナネンCEOに日本市場での手応えやゲーム投入の戦略を、独占取材した。

 

”墓場”の日本市場でどう戦ってきたのか

――パーナネン氏は以前、「日本市場は欧米の会社にとって墓場」と話していた。日本市場の手応えはどうか。

そう話したのを覚えている。海外企業が日本で苦労するのは今でも変わらない。今、日本はゲームのクオリティが本当に高いし、特に開発者の才能は世界に比類なき高水準だ。また、プレイヤーの要求も非常に高い。日本のゲーム業界は世界最高レベルだと思う。

われわれもそれに合わせて戦ってきた。配信開始以降、売り上げランキング上位10アプリに食い込む、数少ない外国のゲームという立ち位置を維持できているのは、よくやってきたなと誇りに思っている。ただ、日本ではまだ新参者。10年、20年、30年と長い時間をかけてじっくり成長していきたい。今までやってきたことは1%程度に過ぎない。本当にこれからだ。

――今回、東京ゲームショウに初出展した理由は?

日本はいつも意識している重要なマーケットだ。僕自身も任天堂のスーパーマリオなど、小さい頃から日本のゲームのファンだったので、思い入れはすごく強い。日本の素晴らしいゲーム企業と一緒にショウに参加できることは栄誉なことだ。プレイヤーに直接お礼を言いたいし、われわれのゲームに触れたことがない方にも楽しんでもらう機会ということで、大きな展示ブースで参加することに決めた。

次ページロングヒットの秘密は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT