「みんなに好かれたい病」の呪縛から解脱せよ 自分の優先順位をいったん決めてしまう

印刷
A
A

悩みのロスタイムをなくす

仕事も結婚相手選びも、自分で経験してみないとわからないことはたくさんあります。逆に言うと体験することによって、自分の価値観や好き嫌いが初めてわかる、ということも実は多いのだから、悩んでいないで、まず走り出すしかない。時間という資源は不可逆なので、特に、出産をしたいと思っている女性の場合には、この悩みのロスタイムをなくすことが非常に重要だと思います。

結婚する、しないにかかわらず、どこかで徹底的に自分と向き合うことは必要です。これは男女ともに必要なことだとは思うものの、出産という体のタイムリミットが埋め込まれている分、女性はキャリアの早めの段階で自分と向き合うことが必要になるわけです。

私の場合、結婚と独立が同じ頃に重なったので、自分にとって何が大事か、何を捨てたりあきらめたりできるか、ということを突き詰めて考えられ、親しい関係者たちとも話し合う機会を持つことができました。それによって、自分の価値基準が明確になり、それ以来「不特定多数の人から好かれること」は優先順位の上位ではなくなったのです。

もちろん、今すぐ達観するのは難しいかもしれません。しかしながら、これからの働く女性たちの仕事人生は長丁場です。私は、「好かれたい病」から解脱することによって初めて、「活躍する人」から「活躍し続ける人」になれるのではないかと思っています。自らの働き方を自ら定義でき、本当の意味での「自由」を獲得できるということ、それこそがワクワクキラキラ働き続けることのカギになる、ということを、ぜひ知っておいていただければと思う次第です。

(構成:長山清子、撮影:今井康一)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT