「あと1歩出世したい」人の正しい振る舞い方

会社のリーダーは特定の数人に選ばれる

共感とは他人の意見や感情などにそのとおりだと感じること。また、その気持ちを指します。現リーダーに対して好かれるためにゴマをすれと言っているのではありません。その人が仕事上で大事にしている価値観を理解し、それに沿って仕事をしてみるのです。

たとえば、新しいことに対して果敢に挑戦することを大事な価値観とする現リーダーの下にいるなら、同じように果敢に挑戦を試みてみる。既成概念にとらわれて、同じ仕事のやり方に固執することがないように心掛けてみてはどうでしょうか。また、もし今のリーダーが丁寧な根回しを重視するならそれに従うなど、日常業務のやり方についても気を付けるといいかもしれません。

ビジネス書を鵜呑みにしてはいけない

余談ですが、ビジネス書に書かれているリーダーとして求められる仕事ぶりは参考になるでしょうか。多少参考にはなるでしょうが、リーダーとして選ばれるためにはそれを鵜呑みにするのではなく、現リーダーの価値観とすり合わせてみるべきでしょう。

たとえば、あるベストセラーになったビジネス書では「どんどん私に声をかけてください」「大きな仕事のアサインをしてください」といった空気感を出すこと。あるいは意思決定や好奇心の高さやがリーダーに求められる条件と書かれていました。

ならば、そのとおりに仕事をしていけば、リーダーに選ばれるのでしょうか。やはり、そうなれるとは限りません。あなたの職場の現リーダーは、その仕事ぶりに共感しないかもしれないからです。

でも、もしあなたが無事リーダーに選ばれたら、そこから先は自分なりに新たなリーダー像を描いて構わないのではないでしょうか? リーダーに選ばれるまでは我慢のしどころかかもしれません。しかし、これも戦略的な取り組みととらえて、ぜひ試してみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。