長期金利上昇、国債バブル崩壊の懸念

大型補正予算が日本経済に与える影響は?

為替レートが経済動向を決める

「大型補正予算で経済活動が刺激される」というのは、「経済に需給ギャップがあるから、財政支出拡大で需要を追加すればよい」との考えだ。こう考えている人は、前述のメカニズムを考慮していない。

この人たちが依拠しているのは、一昔前の計量モデルや経済予測で用いていたモデルだ。これは、実物的なフロー量の均衡モデルで、「所得支出モデル」と呼ばれる。そこでは、消費や投資などのフロー変数しか考えられていない。為替レートや金利は、モデルの外で決まる変数として、一定の値が仮定されている。

しかし、現在の日本で最も重要な経済変数は、為替レートだ。為替レートは輸出に影響を与える。それが企業の利益に影響を与え、設備投資を決める。こうしたルートで、実物的なフローに影響が及ぶ(このメカニズムは、伝統的なマクロ経済学が想定しているものとは異なる)。

図に、2001年以降の実質実効為替レート、株価、民間設備投資を示した。04年頃から実質為替レートが円安に向かい、それに伴って株価が上昇し(つまり、企業の利益見通しが改善し)、それが設備投資を増やしている。経済危機後、実質為替レートは大幅に円高になり、現在に至るまで、大きな傾向的変化はない。これに対応して、株価も落ち込んだ水準でほぼ一定であり、また設備投資も目立って増えてはいない。

為替レートは、内外金利差などに反応する国際間資本移動によって決まる。資本移動がこのように大きな影響を持つのは、金融緩和のために短期資金の調達が容易になっているからだ。そして、国際間の資本取引が自由化されているので、投資資金がどこに向かうかで、金利と為替が決まるからだ。これが、過去10年間程度の世界経済の動向を決める基本的要因になっている。

このため、前記の所得支出モデルで考えると、経済の最も重要なポイントを見落とすことになる。

次ページ国債バブルが崩壊すれば金利が大幅に上昇する
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 静かなる熱狂
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。