愛知の電車からは「家族臭」がするんです

跡取り息子は地元がお好き?

2010年の冬、前の会社を一度辞めたときに2カ月間の南米縦断バス旅行に参加しました。南米最南端の街・ウシュアイアに向かったとき、延々と続く道で最初に見えたのが「TOYOTA」の看板だったんです。「ここまで来てトヨタか!」となんだかほっこりした気持ちになりました。あ、うちはトヨタ系列じゃありませんよ。でも、嬉しかったです。

 

――「すべてが東京に集まっている」と感じるのは地方の中高生だけではない。僕の属する出版業界は会社も人も9割以上が東京に集中しているのではないだろうか。

しかし、東京に住んでいると仕事を東京の中だけで完結しがちという欠点はある。全国に発信する記事なのに、仕事仲間も取材先も東京内で見つけられてしまうからだ。各地から人・モノ・カネが集まってくる首都なので当たり前なのかもしれないけれど、かえって視野が狭くなるおそれもあると思う。 

日本地図を広げると、愛知県は関東地方だけでなく関西にも近いことがわかる。岐阜の山を越えれば北陸だ。愛知を拠点に世界中を飛び回る伊藤くんを見習って、僕も東京に限らず日本全国へ積極的に出張しようかな。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT